株式会社 ネオエンジニア

地質・土質調査のことなら、株式会社 ネオエンジニアにお任せください!

042-794-8739

事業内容

事業内容

孔内水平載荷試験

孔内水平載荷試験イメージ横方向の土の強さを把握する試験です。設計時に杭等の計画がある建物や、構造物を調査する時に用いられます。
稀に、思わぬ地層状況であり軟弱な地盤が出てきたりすると、追加で試験します。擁壁や土留め等の時にも試験する時もあります。岩盤等の硬質なものには高圧用の試験機を使用します。横方向に圧力をかけ、崩壊するのを解りやすくゲージ(目盛)で見ることができる試験です。

標準貫入試験

標準貫入試験イメージ土の硬さ、地層の構成を把握できる試験です。硬さはN値で表します。N値で何回と言われ、1回よりも10回と多くなれば地盤が硬質なものになります。サンプラーを使用し土を採取するので、どのような地層であるか一目瞭然です。
※N値とは63.5Kgの鋼製のおもりを高さ約76cmから落下させ、サンプラーを30cm打ち込むのに必要な打撃回数を計測したものです。

乱れの少ない試料採取

乱れの少ない試料採取イメージボーリング調査の現場にて、自然に近い状態で土を採取します。
円形のチューブに採取し、試験室にて抜き出し、圧密試験(土に圧力をかけ縮具合を測定)、一軸・三軸圧縮試験(変形の度合いを測定)を行います。採取にあたり、様々な地層が対象となる為、各地層に対応したサンプラーを使用します。
例えば、木造の平屋ですと土が耐えますが、木造の3階建てですとジワリジワリと年月をかけて沈下してしまう・・・などの対策の為に行う試料採取です。

PS検層(ダウンホール式)

PS検層主に構造物の耐震設計の為に用いられます。
ボーリング孔を用いて地層のP波(疎密波)とS波(せん断波)の速度を測ります。地質柱状図やN値を参考に速度分割した解析結果をもとに地震基盤の判定をします。

コア試料採取状況

コア試料採取状況標準貫入試験を実施しながらですが、とある調査のコア採取状況の写真です。
16mで調査終了となっています。表土層〜崩積土層〜強風化頁岩〜頁岩と地層が変化してるのが調査結果からわかります。

NEWS

ホームページを開設しました。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。

株式会社 ネオエンジニア