このページでは弊社が現場で行う業務を紹介します。
いずれも専門的な業務ですが、なるべくわかりやすく簡潔に解説いたします。

孔内水平載荷試験
横方向の土の強さを把握する試験です。
設計時に杭等の計画がある建物や、構造物を調査する時に用いられます。
稀に、思わぬ地層状況であり軟弱な地盤が出てきたりすると、追加で試験します。
擁壁や土留め等の時にも試験する時もあります。
岩盤等の硬質なものには高圧用の試験機を使用します。
横方向に圧力をかけ、崩壊するのを解りやすくゲージ(目盛)で見ることができる試験です。

標準貫入試験
土の硬さ、地層の構成を把握できる試験です。硬さはN値で表します。
N値で何回と言われ、1回よりも10回と多くなれば地盤が硬質なものになります。
サンプラーを使用し土を採取するので、どのような地層であるか一目瞭然です。
※N値とは63.5Kgの鋼製のおもりを高さ約76cmから落下させ、サンプラーを30cm打ち込むのに必要な打撃回数を計測したものです。

乱れの少ない試料採取
ボーリング調査の現場にて、自然に近い状態で土を採取します。
円形のチューブに採取し、試験室にて抜き出し、圧密試験(土に圧力をかけ縮具合を測定)、一軸・三軸圧縮試験(変形の度合いを測定)を行います。
採取にあたり、様々な地層が対象となる為、各地層に対応したサンプラーを使用します。
例えば、木造の平屋ですと土が耐えますが、木造の3階建てですとジワリジワリと年月をかけて沈下してしまう・・・などの対策の為に行う試料採取です。

Copyright (C) Neo engineer Co.,Inc. All rights reserved. Produced by Don Studio.